女の人

大いに役立つ複合機は中古で入手!時代はリサイクル

削減できる

コピー機

複合機は借りてコストダウンする

オフィスで複合機はなくてはならない物だと思います。オフィスで使用する複合機は家庭用とは違い、大規模の製品がほとんどです。そのため購入をすると、初期費用が大きくかかります。企業で複合機導入の初期費用を抑えるには、リース契約が有効です。複合機のリースであれば、リース料金(保守料金)は毎月の支払になりますので、導入当初の大きな出費はありません。また、固定資産税も発生しません。リース期間は5年程度のものが多いですが、もっと長い期間も出てきています。月にかかる費用は、リース料金と保守費用を合わせたものになります。保守費用は、リース期間中のメンテナンスを受けることが出来るための費用になります。複合機は定期的に保守が必要となりますので、保守費用もかかってくることになります。

リースを活用してみよう

複合機のリースは費用負担が少ないのがメリットですが、デメリットもありますので注意しましょう。デメリットとしては、リースの期間中には解約ができないという点があります。最初の契約時に期間を決めて、毎月料金を払うので期間が終わるまで払い続ける必要があります。また、初期費用は少なくて済みますが、リース期間すべての料金を払うと、総額では購入するよりも高い金額になることが多いです。月額の負担が少ない=総額が少ないではありませんので注意しましょう。あとリースでは、複合機の所有があくまでレンタル会社のものになります。自社のものではありませんので、期間が終了した場合にはレンタル会社に返却することになります。資産にはならないのがデメリットです。